おはようございます、おみそです。

一時ちょっと話題になっていたコカ・コーラ社の酎ハイ、遂に販売開始ですね。
九州限定なので私は買えません。
もうほんと残念なんですよ。楽しみにしてたんですよ。
こればかりは仕方ないので、全国展開を楽しみに待っていようと思います。

これがコカ・コーラ(KO)の売上を牽引するとまでは期待しませんが、新しい何かが始まるっていうのは、ちょっとワクワクしますね。
ワクワクついでにKOについて、おさらいをしてみました。
KO-revenue
KO-配当性向
※morningstarをもとに作成

KOはボトリングの切り離し等での再編を進めており、売上高の減少に反して営業利益増加という、やや珍しい売上等推移を見せています。
However, under the Tax Reform Act, the Company is required to pay a tax on historical offshore earnings that have not been repatriated to the United States.
※2017年4Q決算資料から引用
2017年は税制改革の影響から法人税が跳ね上がり、純利益とEPSが急減しています。
配当性向に至っては、真上にカッ飛んで見えなくなっています。豪快ですね。

米国企業が海外にため込んだ利益に対する課税は一度限りとされており、2018年以降、EPS等は概ねもとに戻るのではないかと思われます。

直近2018年1Q決算では、2017年1Q比で売上高16%減となった一方で、純利益、EPSは10%以上の増となっており、今後の見通しも特に悲観していません。
配当利回りが3%~4%ということもあって、米国債との兼ね合いで株価は絶不調ですが、特段売る気はなく、私は静観予定です。

新しい酎ハイがものすごく美味しかったら、酔った勢いで少し買い足しちゃうかもしれませんね。
私はビール党なのでアレですが、檸檬堂は応援しています。



ブログ村に参加しています。
押して頂けると、かなり励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村