おはようございます、おみそです。

大好きな電力株:SO(Southern company)の増配が発表されました。
四半期辺りの配当金が、0.58ドルから0.60ドルに、2セントの増額です。
70年無減配について誇りを持っている感が社長メッセージから伝わってましたので、減配はないと思ってましたが、増配は素直に嬉しいです。
最近の株価低迷も相まって、なかなかの利回りです。
SO-Div
SO-Div2
          ※dividend.comから引用

でも正直なところ、2017年の同社の業績はあまり楽観視できるものではありません。
dividend.comの数値を見るとそこまで悲観するほどではなさそうなんですが、2017 Annual Reportの中身はなかなかのものでした。
SO-money2
          ※2017 Annual Reportをもとに作成

2017 Annual Reportによると、同社の2017年の配当性向は273.2%とされています。
ここ数年、100%を切っていた水準であることを考えると、相当かっ飛んでます。

同レポートは収入減の大きな理由として、Kemper IGCCの件を挙げています。
ミシシッピ州ケンパー郡にてIGCC(石炭ガス化複合発電)設備を用いた発電所稼動を目指していたが、昨年に頓挫し、ガス火力発電に変更しています。
収入減が一時的なものであれば、配当性向が元に戻ることもあると思いますが、273%から一年でちゃんともとの水準以下に戻れるかどうかというと、正直どうなんでしょうかねって思います。

とはいえ、同社の経営状態について一番詳しい方々が増配行けると判断したのであれば、この辺りの不安も杞憂に終わるかもしれませんし、暫く様子を見ようと思います。
ただ、正直、これから買い進めて行くのはかなり勇気がいるかなぁと個人的には思っています。

ひとまずは増配が続いたことを喜びつつ、油断せず今後の動きを注視していきます。



ブログ村に参加しております。
押して頂けると毎日の更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村