おはようございます、おみそです。


先日の記事にもありましたとおり、元本割れしました。

お肉を焼くだけでは足りず、PPLへの追加投資をしました。
かねてから、元本割れした暁には少しだけ追加投資をするつもりでしたのでずっと何を買おうか考えていました。
元本割れするくらいまでに株安・円高が進んでいるのならばある意味では買い時かなという判断です。

PPLについてですが、私の好きな電力株です。
昨今の株安で配当利回りは遂に6%に届いています。
連続増配は6年ということで、数字にすると若干物足りなくはあるのですが、今年3月にも増配がありました。
また、1998年の減配以来、横ばいはあるものの減配がないのも個人的には握り心地がいいポイントです。
1998年の減配についても、その後、2004年頃にはそれ以前の水準まで戻しており、配当には気を使っているイメージです。

PPL_dividend
     ※dividend.comから引用

なお、1998年の減配についてもあまりネガティブな印象を受けていません。
複数の記事によると、1998年頃に競争の激化への対応のため、13の発電所を16億ドルで買収したとされています。
1998年の減配が、将来のための一時的なものであったならば個人的にはポジティブです。

とはいえ、利上げ局面では米国債の利回り上昇などにより売られやすい公益株なので、万人に勧められるものではなく、今回の買いも落ちるナイフを掴みに行った感じはあります。

それにしても6%の利回りはなかなかに魅力です。
余裕資金があれば投資先として検討の余地はあるのではないかと思います。

また、ブログ書きに慣れて余裕が出てきたら、改めてもっと詳しく色々な銘柄分析をしてみたいと思いますので、今後もよろしくお願いします。




ブログ村に参加しております。
気が向いたら押して頂けると励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村