おはようございます、おみそです。


ツイッターの米国株界隈でも含み損転落について言及する方をチラホラ見かけるようになりました。
御多分にもれず私も今週末から含み損生活です。

20180324ドル円
      ※ブルームバーグから引用

特にドルの下落が評価額低下に大きく影響しています。
安値を派手に切り下げており、元の110円前後のレンジ相場に戻るのはかなり厳しい様に思えます。

20180324ダウ
      ※ブルームバーグから引用

株式も同様です、高値切り下げ安値切り下げの下落トレンドであり、まずは2月26日の高値を上抜けない限り元の上昇トレンドには戻れません。(S&P500も同様です。)

では、この下落相場で含み損を抱えてどうするかというと、私はこれまでと同様に淡々と株やETFを買い集めるのみです。
下落相場での撤退でありがちだと思うのが、
・含み損になった時点で狼狽して心が折れる。
・キャッシュポジションがそもそも少なめだったのでナンピン出来ずに心が折れる。
・直近安値になる度に追加買付を行ってキャッシュポジションが尽きて心が折れる。

というパターンかと思います。
ドル転と株式買付のタイミング分散投資はこういった撤退パターンを防ぐためにやっています。
むしろ下落がないとタイミング分散投資は数十年先の大きな利益を掴めないため、こういった時に狼狽せずに買い増しが出来るかどうかが分かれ道です。

弱気相場はまだ始まったばかりだと思われます。早く終わればそれに越したことはないのですが。
恐らく、暫くは続くと思われる含み損に生活とのバランスを取りながらいかに耐えるか、というのが今後の長期米国株投資家の最大の課題になります。

もちろん、各人の生活スタイルはそれぞれ違います。
家庭がある人は、投資にのめり込むあまりに含み損から家庭内でイライラして不和を起こしてはその時点で負けです。
独身であっても、日中の為替が気になって仕事に身が入らなくなってはいけません。

各人の最適な投資スタイルは本人にしか判断できません。

私はこの下落相場でも淡々とお買い得な株式を追加し続けます。
その結果、どうなったかということはこのブログで発信し続けようと思いますので、引き続き、お付き合い頂けますと嬉しいです。



ブログ村に参加しております。
気が向いたら押して頂けると含み損生活の中でも励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村