こんばんは、おみそです。

今回は私の主力でもある、米国の電力大手:サザン・カンパニーの直近決算を読んでいきます。
5月1日発表の2019年第一四半期決算です。
revenue
内容は良くないと認識しています。
特に、売上高が【$6.37 billion → $5.41 billion】と、大幅に減少しています。
This decrease was primarily related to a reduction in revenue resulting from the sale of Gulf Power and other assets that are no longer affiliated with Southern Company.
※引用元:Press Release Details Southern Company reports first-quarter 2019 earnings
サザン・カンパニーを構成するGulf Powerを売却したことにより、売上高が落ちるのは想定内です。
ただ、2018年第一四半期のGulf Powerの売上高:$348 millionと比較して売上減少幅が大きいです。
この点は今後の決算でどうなるか見ていきたいです。
なお、営業利益・純利益(調整前)の大幅増はGulf Power売却による一時的なものです。
eps
EPSも今一つです。
市場予想(ロイター):$0.72に対して調整後EPS:$0.70でした。
また、前年同期比で約2割減というのも頂けません。
EPS-future
※引用元:2019年第一四半期スライド

年間EPSは【$2.98 to $3.10】、第二四半期は$0.71を想定しています。
年間配当は$2.48なので、配当性向は【80.0%~83.2%】程度になりそうです。
71年無減配記録の維持は問題なさそうです。
charts
※引用元:2019年第一四半期スライド

一方で株価は好調です。
サザン・カンパニーに限らず、電力株が妙に好調です。
そのため、配当利回りは4.5%まで低下しています。正直、物足りないです。

なお、サザン・カンパニーといえば毎年の様に多額の一時損失をやらかすことで私の中で有名です。
今年こそは無事に1年を過ごせることを祈りたいと思います。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
ボタンの一押しがとっても励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村