こんばんは、おみそです。

ちょくちょくTwitterでもつぶやいてますがLINEPAYが好きです。
現在、コード払いで最低でも3.5%相当のポイント還元がある上にちょくちょく2割還元とか5割還元とかやっているので、使えるところではガンガン使っています。
そんなLINEPAYがアツいキャンペーンを年度末にぶっこんできました。
「春の超Payトク祭」です。

今回、この超Payトク祭で上がったテンションのまま、記事を書きなぐろうと思います。
投資とは関係ないけど、投資には節約も大事なので許してください。

【春の超Payトク祭について】
パッと見、何のことはない、2割還元イベントです。
還元に加えて、100円以上買うとLINEPay残高がもらえるクジが引けます。
因みに、クジについては少額でコマゴマ買うといっぱい引けてきっとお得です。
めんどいからわざと買い物分けたりしませんけどね。

今回の目玉は還元対象となる支払方法の拡大です。
これにより、利用可能対象店舗が飛躍的に増加しました。

従来のPayトク等の2割還元対象支払方法
「コード支払い」、「オンライン支払い」、「請求書支払い」

超Payトク祭
「コード支払い」、「オンライン支払い」、「請求書支払い」に加え
「LINEPay カード」「Android™限定、QUICPay+™(クイックペイ)」

今回増えた「LINEPay カード」「Android™限定、QUICPay+™(クイックペイ)」がヤバイです。
順番に説明します。

LINEPayカードについて
「LINEPay カード」は基本、チャージしたLINEPay残高を使用するプリペイドカードで、JCB加盟店で使えます。
LINEPayコード払いはあんまり使える店舗が多くないんですが、LINEPayカードが使える店はかなり多いはずです。
(一部、JCB加盟店でも使えない店などがあるようですが、各自でご確認ください。)

なお、「LINEPay カード」にはオンライン上で使えるバーチャルカードと、クレジットカードみたいに質量を持ったプラスチックカードがあります。
極めてザックリ言うとバーチャルカードはオンライン使用、プラスチックカードはJCB加盟店での実店舗使用ができます。
プラスチックカード発行には日数がかかるため、持っていない人は登録後しばらくは、バーチャルカードを用いることになります。
既にプラスチックカードを持っている人はすぐにでも実店舗で使えます。おめでとうございます。

まだプラスチックカードを持っていない私みたいな人は実店舗利用のために、バーチャルカードでしのぎながらプラスチックカード到着を暫く待つことになります。
早く実店舗で使いたい、そんな私も「Android™限定、QUICPay+™(クイックペイ)」で救われます。

Android™限定、QUICPay+™(クイックペイ)について
「Android™限定、QUICPay+™(クイックペイ)」はバーチャルカードと紐づけて使用できます。
つまり、プラスチックカードを持っていなくてもQUICPay経由でQUICPay利用可能な実店舗で使用ができます。
これはありがたいです。

私のスマホは幸いにもおサイフケータイ対応Android端末なので、これを使えば行きつけのスーパーで買い物ができます。
イオンとかでも使えるそうです。便利ですね。

iPhoneユーザーの方や、QUICPayが使えないAndroid端末の方については、コード支払をしたり、プラスチックカードが届くまではバーチャルカードでのオンライン決済でしのぐことになるかと思いますが、それでも随分と対象店舗が増えるはずです。
私はひとまず、生活必需品や食品を買って還元上限までLINEPayを使い倒そうと思っています。

早速さっき、これまでLINEPayを使えなかったセブンイレブンでセブン二郎を買ってみました。
500円当たりました。こういうささやかなのってほんと嬉しいです。
お昼休みに発行を依頼したプラスチックカードが届いたらもっとガンガン使っていこうと思います。
DSC_0011
Screenshot_20190315-174114

今回はLINEPayをホメ倒しました。因みに広告とかはやってません。
なお、二割還元対象外の商品もあるそうです。
また利用規約等は各自で調べた上でお買い物をお楽しみください。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
ボタンの一押しがとっても励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村