おはようございます、おみそです。

米国の大手公益企業のサザン・カンパニー(SO)が2018年Q4決算を発表しました。
良好な内容だったと思います。
SOは私が米国株投資を始めた際、まっさきに買った付き合いの長い銘柄です。
ポートフォリオに占める割合も大きく、私の主力銘柄です。

【売上高及び利益等】
rev
売上高は$5,337 millionで、市場予想:$4,920 millionを上回りました。
2018年通期の売上高は$23,495 millionで、2017年比で+2%でした。
Y-rev
肝心の2018年通期純利益は$2,226 millionで、2017年の$842 millionから大きく増加しました。
今年は建造中の原子力発電ユニット(Plant Vogtle Units 3 and 4)で$1.1 billionのロスを計上しているため、結構厳しい通期決算になるかと思っていたんですが、無事に回復してきました。
なお、2017年の純利益が酷いことになっているのはKemper IGCCで今年よりデカいロスを生じさせているためです。
(環境に優しい石炭利用:クリーンコール・石炭ガス化発電に頓挫しました。)

一時的な損失がなければSOは概ね$3 billion程度の純利益を出すことが出来ます。
2019年はここにどれだけ近づけるか、期待したいところです。

【EPS】
eps
2018年Q4のAdjusted EPSは$0.25で、市場予想:$0.24を上回りました。
2018年通期のAdjusted EPSは$3.07で、2017年比+1.6%でした。
また、2017年Q4時点でのガイダンス:$2.80~$2.95を上回る結果でした。

なお、2019年通期のEPSガイダンスは$2.98~$3.10です。
SOの長期的なAdjusted EPS成長率目標は4%~6%です。
2018年はキッチリとガイダンス超えの結果になりましたので、2019年以降も期待しています。

【配当】
data
最近は株価が好調なので、配当利回りは5%を切ってきました。
現在の年間配当額と、2019年EPSガイダンスから計算した配当性向は80%前後と、決して低くありません。
しかし、SOは増配に積極的な姿勢です。
slide-outlook
※決算資料から引用

事業の見通しから判断すると、ここ数年の増配ペース:$0.08/Yはイケる、みたいなことを決算スライドに書いています。
正式な決定と発表は例年4月に行われていますので、増配確定というわけではありません。
とはいえ、決算の時点で力強いメッセージを出してくれるのはホルダーとしては嬉しいですね。

なお、SOはことあるごとに「○○○期連続無減配」みたいなことを、発表資料に盛り込んでくる癖があります。
配当をしっかりと支払うことを誇りに感じている雰囲気が感じられます。
Southern Company today announced a regular quarterly dividend of 60 cents per share on the company's common stock, payable March 6, 2019, to shareholders of record as of February 19, 2019. This marks 285 consecutive quarters – dating back to 1948 – that Southern Company will have paid a dividend to its shareholders that is equal to or greater than the previous quarter.
※2019年1月17日の配当発表から引用
決算も株価も概ね良好ですし、連続無減配記録がどこまで伸びるか楽しみですね。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
ボタンの一押しがとっても励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村