こんにちは、おみそです。

米国の超有名企業:Coca-Cola(KO)が2月14日に2018年決算を発表しました。
イマイチな内容だった様で、株価は公表日に急落、翌日も続落しています。
結構な下落幅だったので、ホルダーとしては決算をを覗くのが怖かったです。

KOはいい決算だしてくれると期待してたんですけど残念です。

【売上高及び利益】
rev
income
・2018年第4四半期
 予想:$7,060に対して$7,058でほぼ市場予想どおり、
・2018年通期
 予想:$31,870に対して$31,856でほぼ市場予想どおりでした。

2018年通期の営業利益率は約27%で、順調に上昇しています。

【EPS】
EPS
・2018年第4四半期
 予想:$0.43に対してComparable EPSが$0.43で市場予想どおり
・2018年通期
 予想:$2.08に対してComparable EPSが$2.08で市場予想どおりでした。

一方で、2019年通期のEPSガイダンスは頂けません。
Comparable EPSのガイダンスは2018年比で-1%~+1%でした。
2018年が$2.08でしたので、$2.06~$2.10です。

市場予想が$2.21なので、全然足りていません。
これは売られても仕方ないかなぁといった印象です。


【配当等】
data
KOの年間配当は$1.56で、2019年EPSガイダンスから計算した配当性向は74%~76%です。
時期的にそろそろ増配なんですが見つけられませんでした。

KOについてはもう少し配当性向低めなのかなと思っていましたが意外に高いです。
増配があると、もう少し配当性向が高くなってしまいます。
ただ、EPSガイダンスから考えると、あまり派手な増配は来ないかなと予想しています。

【今後の方針】
決算を受けて急落しましたが、ナンピンはしません。
2019年通期の見通しが弱気ですので、私としては強気に買い向かう勇気はありません。
見通しが弱気なだけに、決算で良いサプライズがあれば株価もそれなりに吹き上がるかも知れません。
ただ、KO自身が2019年に弱気なのにそれを期待するのは少々ギャンブル感があるかなという印象です。

とはいえ、EPSが大幅に減少する見通しというわけではなく、減配までは行かないと思っています。
とりあえずは大減配とかがない限り現状維持の予定です。
KO自身の見通しが良くなったら改めて買いに行こうと考えていますので、それまでは決算と増配発表を楽しみにしながら今ある分の株式を握り締めて生きていこうと思います。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
ボタンの一押しがとっても励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村