こんばんは、おみそです。

今年は遂に確定申告にチャレンジすることにしました。
目的は以下の二つです。
・2018年の特定口座における損失の繰越
・ふるさと納税の控除

折角なので、これから同じようにチャレンジする方や来年の自分のために、初心者の私が確定申告を完了させるまでを記事にすることにしました。
第1回目は「e-Tax用 IDの発行」についてです。

【e-Taxの方式】
2018年まではネット上での確定申告手続き(e-Tax)には
・マイナンバーカード
・ICカードリーダー
が必要でしたので私は当初、書面での確定申告を考えていました。
しかし、2019年から新たに「ID・パスワード方式」が加わりました。
kanbenka
※e-Taxのホームページから引用

要は事前に税務署でIDとパスワードを発行してもらえば、マイナンバーカードは不要です。
マイナンバーカードが嫌いな私にうってつけの方式です。

早速、事前準備としてIDとパスワードを取得してきましたので体験談を交えてご紹介します。

【IDの発行方法】
IDの発行のためには税務署に行って手続きをする必要があります。ちょっとメンドイです。
ただ、自身の居住地を管轄する税務署以外でも手続きをすることが可能です。
職場に近い税務署で手続きが出来るなど、柔軟性を持たせているところは素直に良いと思います。
利用する場合には、いったん税務署に出向く必要がありますが、住所地を管轄する税務署に限らず、職場の近くなど、日本全国、都合のよい場所の税務署で手続が可能です。
【財務省HP】https://www.mof.go.jp/public_relations/finance/201811/201811c.pdf
持参するものは「本人確認書類」のみです。
私は運転免許証で本人確認を行いました。
ハンコ持って来いとか言われなくて本当に安心しました。
受付場所は各税務署で異なると思いますが、職員の方に聞けば優しく教えてくれます。

受付後の手続きは税務署内のPCを借りて行います。
・氏名、住所、電話番号
・パスワード
・秘密の質問(ペットの名前や旧姓など)※セキュリティ的に嫌いなので省略しました。
などをPCに入力し、本人確認後に「利用者識別番号等の通知」等を印刷してもらえば終了です。
手続き自体は想像以上に簡単なものでした。

これでマイナンバーカードがない私でもe-Taxでの確定申告が出来るようになりました。
次回以降はe-Taxでの確定申告そのものについてチャレンジした上で記事にしようと思います。

ID・パスワード方式は思った以上に手続きが簡単なので、迷っている方がいたら気軽にやってみると良いと思います。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
ボタンの一押しがとっても励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村