こんにちわ、おみそです。

1月第1週が終わりました。エキサイティングな年明けでしたね。
1月3日のアップルショックで方向性が決まると思ったんですが、1月4日の大幅上昇で打ち消してしまいました。
1月4日の講演でパウエル議長から、利上げペースを柔軟に見直す用意がある旨のコメントがあり、これを市場が好感したとされています。
底を抜いてくる動きに転換すると思っていたんですが、予想を外しました。
indu
※StockCharts.comから引用:ダウ

どうにも動きが激しくていけません。
こういう時は傍観するに限ります。
updown
yen
騰落自体は悪くありません。むしろドル建てでは$900くらい増えています。
でも円高のせいで含み益は2万円ほど減っています。(188k円→168k円)
因みに、評価額グラフは年初での100万円入金のせいでよく分かんないことになっています。
爆益したわけではありません。

今後ですが、パウエル議長の件もあり、もしかしたらジワジワ上がってくるんじゃないかとすら思えてきます。
ですが、折角の追加入金100万円、地合が悪いこともありムリに使わず、2019年もガッチガチに守りを固めて行きたいと思っています。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
ボタンの一押しがとっても励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村