こんにちわ、おみそです。

大晦日のNY市場も終了し、2018年が本当に終わりました。
何でも、S&P500指数については金融危機時以降において最大の下げ幅だったそうです。
無事に生き残ることが出来てよかったです。

来年以降の戦略を詰めるためにも、今年度の投資についてはまとめておかなければなりませんね。

・配当金について
2018年の配当受領額は162,045円でした。
かなり派手に損出ししているので、特定口座で源泉徴収された分は戻ってくる見通しです。
1万円~2万円程度戻ってくるかなと思っています。
div-mon
全体のトレンドとして右上がりです。いい感じです。
今のところ減配を表明している銘柄はないので、来年はこれと同等の配当金受領を見込んでいます。
将来的には年間100万円の配当受領というのを一つの目標としていますので、増配+買付での更なる配当受領額増加に期待したいところです。
dividend
※筆者の銘柄別配当受領額(税・手数料引き後)
※既に保有していない銘柄も記載しています。

年間配当額トップはAT&Tでした。
通信・タバコ・電力・オイルというある意味ではアリガチな順位です。
AT&Tが結構ぶっちぎっているので、ここに何かあるとエライことになりますね。

ですが、困ったことに私の初夢はコレでした。
夢の中では26%程度下げていました。夢の中のTLは凄い盛り上がってました。
最近、地合が悪いので潜在的に不安があるのかも知れません。

仮に今回の下落が調整ではなく、リセッションの前触れだったとなる場合には、保有銘柄の減配&爆下げのコンボを喰らう可能性も考えなければなりません。
AT&Tの配当利回りが高いとは言ってもあんまりこの銘柄だけに頼ってはいられませんので、新たな投資先の開拓や、配当寄与が少ない銘柄への投資も検討したいところです。
pf
評価額は大晦日の動きを見ると下げ止まった感がありますが油断できません。
因みに、昨年末時点では70万円程度の含み益があった気がするので、年間ではそれなりに喰らっています。
金融危機後最大の年間下げ幅だし、含み益を確保して年越しできただけでも御の字です。
昨年後半からの株式の現金化で防御力も高められましたし、今年も頑張って行きます!




今日もご覧いただき、ありがとうございます。
ボタンの一押しがとっても励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村