おはようございます、おみそです。

最近のグロース株軟調により、一時期から見ると魅力的な銘柄が魅力的な水準の価格で取引されている状態をよく見ます。
個人的にはグロース株投資は手法としてアリだと思っていますので、今の状態を見て、グロース株投資が手法として劣っているとは思いませんし、環境が整えば改めて挑戦してもいいかなと考えています。

ただ、今の地合いで参戦するつもりはありません。
私は基本的には順張りを好みますので、グロース株を買うときは、
・対象となる会社の決算が良好で
・地合いが良く、株式市場全体が上り調子で、
・上り調子の中の外部要因等での下落の底が見えた後の上昇
で買うようにしています。

因みに個人的には、今は地合いが良いとは思えません。
VTIを見ても、よく言ってレンジ相場だと思います。
VTI
※StockCharts.comから引用:VTI

この辺の感覚は個人差があるので、今の状態を見て地合いが良いと思う人がいてもいいと思います。
なお、地合いが悪い時の順張りは、下落中の小さい山での、天井からの下落での空売りだと思っていますが、空売りは怖いので一切やりません。

もし、今よりもずっと地合いが良くなった上で、興味のあるAmazon等の銘柄で良好な決算が見られたなら、改めてグロース株に再挑戦するかも知れません。
勿論、そういった機会が来る頃には、狙いとなる銘柄はある程度値を上げてしまっている可能性があります。
ただ、株は底を狙って買えるものでもないと思っていますので、そこは甘んじて機会損失を受け入れようと思います。
可能性は高くないかもしれませんが、いつか来るかもしれない買い場に備えて、手元の現金は減らさないようにシッカリ管理していく予定です。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
ボタンの一押しがとっても励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村