こんばんわ、おみそです。

10月30日にコカ・コーラ(KO)が2018年第3四半期決算を公表しました。
売上高は予想:$8.23Bに対して、$8.245B、
EPSは予想:$0.55に対してComparable EPS:$0.58と、良好でした。
公表直後のプレマーケットで株価は+1%程度です。

また、KOといえばボトリング事業のリフランチャイズにより営業利益率が今年好調ですが、Q3でも好調を維持しています。
revenue
EPSについては、Q1-Q3での合計Comparable EPSが$1.65であり、年間配当ペース:$1.56を既に超えています。安心感がありますね。
eps
更に、今年はKO回りの買収話が活発です。
イギリスのコスタ・コーヒーの買収から、よく分からない飲料・Moxieまで、にぎやかです。
グラクソ・スミスクライン(GSK)のHorlicksを狙っているとの報道もありました。

正直なところ、これらの買収でKOが強くなるのか弱くなるのかサッパリ分からないんですが、ホルダーとしては見ていて面白いので、これからもウォッチを続けたいと思います。
個人的にはQ3決算は良好であり、売る理由もないのでホールドを続行します。




今日もご覧いただき、ありがとうございます。
ボタンの一押しがとっても励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村