おはようございます、おみそです。

先日、ユニオン・パシフィック鉄道(UNP)の権利確定日がそういえばそろそろだなぁと思ってUNPの配当を見てみたんですが、正直びっくりしました。
次回配当金は先日の配当金の約1割増しなんですね。
先日、結構な幅で増配したばっかりなので、これは嬉しいサプライズでした。

私、元々かなりUNPを気に入っていたんですが、更に気に入りました。
UNP-DIV
※Dividend.comから引用

UNPについては、今回の増配前から増配率と増配間隔に勢いを感じていましたが、ここまでとは思っていませんでした。
1年前に比べて配当が1/3近く増加しています。すごい。
"I am pleased to report that we have raised our dividend by nearly one-third over the past year, keeping pace with the growth in our earnings per share," said Chief Financial Officer Rob Knight. 
※Q3増配アナウンスから引用
UNPのいいところは、ここまで派手に増配しても配当性向カツカツにならず、余裕を感じるところなんですよね。
UNP-REVENUE
※2018Q2決算資料を元に作成

今回の増配で四半期配当が$0.80(年間$3.20ペース)になりましたが、UNPの今年上半期のEPSは既に$3.65に達しています。
配当に対して、かなり余裕がありますね。
これも別に今年だけ好調というわけではなく、ここ5年位、EPSが$5程度で推移しており、配当金に対して十分な稼ぎを生み出し続けています。
UNP-REVENUE2
※各年のQ4決算を元に作成

一方で、鉄道は基本的に運ぶものがあって利益を上げられるため、景気の影響を受けます。
ですので、リーマンショック辺りでかなり手酷くやられたんだろうなとこれまでは思っていました。

ただ、過去の決算資料を漁って上記のようにまとめてみたところ、リーマンショックのダメージもそんなに深刻ではなさそうだったんですよね。
流石に2009年は売上等が分かりやすく減少していますが、翌年にはほぼ回復し、その後は右肩上がりで推移しています。
特にアメリカは国土が広く、景気を問わず鉄道輸送が強いんでしょうね。
※2014年に1株を2株に分割しています。このため、それ以前のデータは今のデータに比べてEPSが高めに出ています。

この好調は未だに続いており、私にしては数少ない、握っていて楽しい銘柄です。
今回の強気相場がいつまで続くかは誰にも分かりませんが、UNPの成長をガチホしながら見届けたいと思います。

UNION-PACIFIC
※Union Pacific HPから引用

完全に余談ですが、この国旗がバリバリ付いた列車、凄くアメリカンでカッコイイですよね。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
ボタンの一押しがとっても励みになります。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村