おはようございます、おみそです。

最近、投資戦略このままでいいのかなぁ、これから先どうしようかなぁと悩むことが結構あります。
一度、決めた方針を貫ければそれはそれでカッコイイんでしょうけど、最初に決めた方針が最善かどうか分かりませんし、爆死しそうな気がして、ブログ開設当初のルールから既に大分変わってきてしまっています。

ブログを始めた当初の状況とルールは以下のとおりです。
状況
・元本600万円(うちキャッシュ120万円)
・毎年年初に100万円追加投入
・年間配当見通し約15万円

ルール
・毎月10万円程度の米国株買い増しで配当を増加させる。
(投入額100万円+配当で毎月9~10万円買い足せる)
PF-cash
※ものすごくザックリ計算した今後の累積投下額とキャッシュの割合

コレだと投資額の増加に伴って、PFの中のキャッシュの割合が下がって行くんですよね。
投下した額と配当を全部株式にしちゃうので、キャッシュの額は変わらず割合だけ下がります。

正直なところ、額が小さいうちは株価が仮に大爆死しても働けば割と簡単に取り返せるんですが、運用額が大きくなるほどに取り返すのがキツくなってくるので、累積等価額の増加に合わせてキャッシュの割合も増やしておきたいなと思うんですよね。
こういったこともあって、今は毎月の買付額を5万円に落としています。

この辺の感覚は入金力と累積投下額の比率に加えて、個々人のリスク許容度によるところなので、人によってはキャッシュで寝かしても仕方ないじゃん、って思われるかも知れませんね。
私は自称慎重マンなのでキャッシュを置いておきたい派です。

それと同様にきっと私の性格上、運用額の増加に伴ってETFが増えるか、銘柄数が膨らんで行く様な気がします。
これもまた上記のキャッシュポジションと同様で、額が大きくなればなるほど、何となく無難そうなETFへの投資や分散でリスクを減らしたいという心理ですね。

投資額によって戦略を変えるのはナンセンスなのかもしれません。
ただ、年間入金力に比べて累積投下額が大きくなるほどに、下落時のダメージも大きくなるので、投資額の増加に伴う戦略変更は、特に私の様な慎重な人間にとって、ある程度は仕方ないのかなぁと思っています。

投資戦略に変更が生じたらこれからも正直に書いていこうと思います。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
ボタンの一押しがとっても励みになります。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村