おはようございます、おみそです。

PPL Corporation(PPL)について久しぶりに業績チェックしようかなぁと思ってググってみたところ、8月7日に2018-Q2決算が公表されていました。偶然です。全然気づいていませんでした。
折角なので、このQ2決算について見てみました。

ppl-eps
※2018-Q1及びQ2決算のデータを元に作成

Q2決算は良好だったと思います。
予想売上高:$1.75Bに対して$1.85B
予想EPS:$0.54に対してOngoing-EPS:$0.55で共に予想越えです。
それにしてもみんな好き勝手にEPSに名前つけすぎですよね。

因みに、Q1については
予想売上高:$2.11Bに対して$2.12B
予想EPS:$0.66に対してOngoing-EPS:$0.74で今年は好調です。

それを反映するかのように、年間のOngoing-EPSガイダンスもレンジ下限が引き上げられました。
$2.20-$2.40だったガイダンスが$2.25-$2.40になります。
正直、あんまり業績に期待していなかったんですが、思わぬ好調っぷりにニッコリです。
ppl-chart
※investing.comから引用

株価もさぞ反応するだろうなと思ったんですが、全然なんですよね。
やっぱり、電力株ってその辺の動きは地味なんですね。

PPLは基本的に配当利回り高めなので、私にとって付き合いの長い銘柄です。
そして、保有株の中で一番最初に配当利回りを一時的に6%を超えたのは確かこの銘柄だったと思います。
ppl-dividend
※dividend.comから引用

配当利回りが高めですが、配当性向も割と高めです。
通期EPSガイダンスから考えると、68%~73%のレンジに収まりそうですね。

この銘柄はキャピタルゲインを狙う銘柄ではなく、本当に配当を貰うのが目的です。
良決算でも動きがものすごく鈍いですしね。

個人的にはこの銘柄、結構好きで90株を保有しています。
暫くは4%程度の増配を続ける見通しということですので、高い配当をこれからも楽しめることを期待しながらホールドを続けることにします。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
ボタンの一押しがとっても励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村