おはようございます、おみそです。
VZ-div
※dividend.comから引用

7月24日にベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)が決算を発表しました。
AT&T(T)同様、VZは増配率に不満があるものの、それなりの配当を出し続けてくれる通信株として保有しています。
配当利回りは4.5%前後で推移しており、Tほどの配当利回りではないものの、株価が好調で、ホルダーとしてはありがたい限りです。

第2四半期決算では、予想EPS:$1.14に対して調整後EPS:$1.20と、喜ばしい内容でした。
第1四半期決算でも予想EPS:$1.11に対して調整後EPS:$1.17だったので、2四半期連続での予想越えですね。
四半期配当が$0.59ですし、余裕がありますね。個人的には割と安心して保有できています。
VZ-rev
※決算資料をもとに作成

今年は昨年に比べて、売上高及び純利益が増加しています。
決算を見る限りでは税支払の減少が純利益増加に寄与している様ですね。
やはり減税は効きますね。
VZ-CF
※決算資料を元にデータ計算を行い、作成

決算資料のキャッシュフローを四半期ごとにバラしてグラフにしました。
2018-2Qは特に力強くフリーCFが伸びていますね。
フリーCFから配当支払を差し引いてもかなり余裕があります。

EPS、フリーCFともに配当目当ての投資家としては安心感を与える結果だったかと思います。
当然、これまでの良好な決算が今後も続く保証はありませんが、良好な決算が続くとホルダーとしては嬉しいですね。

今後もホルダーとして決算を注視していく予定です。
なお、例年の流れだと、9月上旬に次の配当がアナウンスされます。
同額の配当が直近4回続いていますので、そろそろ増配されるかなぁと楽しみに待っていようと思います。


ブログ村に参加しています。
押して頂けるとものすごく励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村