おはようございます、おみそです。

ウォルマート(WMT)から配当金を受領しました。
wmt-div
※配当金支払通知書

WMTについては何となく握り心地が良くないので、あんまり保有していません。
そのためもあって、通知書を見ても金額が地味すぎてテンション上がんないんですよね。
配当利回りは2.4%前後、やっぱり地味です。
WMT
※Bloombergから引用

高配当株ではないんですが、40年以上連続増配なこともあって、そこそこ人気です。
最近は株価絶不調です。ぜんぶ、米国債のせいですね。
決算もイマイチです。
wmt-income
wmt-div
※morningstar及び決算資料のデータをもとに作成

最初、調べ始めたときに違和感が凄かったんですが、WMTにとって今は2019年度です。
なので、2018年度の結果が既に出ています。

まず気になるのが売上高に対して利益が非常に少ないことに加えて、売上の増加が利益の増加に繋がっていないところですね。
コレは直近の1Q2019決算発表でも同様です。
wmt-1q
※1Q2019決算資料から引用

1Q2019決算でも売り上げ増に対して営業利益減になっているのが個人的に非常に気持ちが悪いです。
利益が減少傾向にあるので、配当性向が上昇しがちです。

ウォルマートといえば、最近はインドの電子商取引大手であるフリップカートの株式を取得したことで話題になっていましたね。
その成長力を目当てにインドへの進出を手がけ始めるのが最近の流行の様です。

個人的には人口が多くて今後成長しそうなインドへの投資は大いに結構だと思っています。
ただ、WMTの場合は売り上げ増が利益増に繋がっていないという根本的な問題があるので、インドに進出して売上を伸ばしても、その先にバラ色の未来が待っているかというと、ちょっとどうなんでしょうねって思います。

また、配当の面からもWMTはイマイチです。
配当性向を見る限りはまだまだ増配余力がありますし、連続増配40年ということもあり、これからも増配してくれるとは思います。

ただ、増配幅がもう少し欲しいですね。
AT&Tもそうでしたが、ここ最近は増配幅が四半期につき1セントだけです。
持っていても配当金が殆ど伸びないんですよね。
AT&Tは利回り良いのでマシですが、WMTは利回りもちょっとアレです。

個人的には調べれば調べるほど、何だかなぁってなってきたので、近いうちに動くかも知れません。
※上記は各種資料を読んだ上での私見なので、売り推奨する意図はありません。



ブログ村に参加しています。
押して頂けると引き続きの更新の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村